So-net無料ブログ作成
検索選択

化学療法より寿命延びる新薬/肺がん治療最前線(日刊スポーツ) [ニュース]

https://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/hlth/nksports/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE3MDcyOS0wMTg2MTE2Mi1ua3Nwb3J0cy1obHRo

<オプジーボだけじゃない(8)大江裕一郎>

 肺がん治療30年のスペシャリスト、国立がん研究センター中央病院の大江裕一郎先生(57)が、最新の肺がん治療を教えてくれます。

【新しい免疫チェックポイント阻害薬キイトルーダ】

 オプジーボに続き、第2の抗PD-1抗体であるキイトルーダが2017年2月に日本でも発売になりました。オプジーボがPD-L1の発現の有無にかかわらず非小細胞肺がんの患者さんに使用できるのに対して、キイトルーダはがん細胞にPD-L1が発現している非小細胞肺がんの患者さんに限って使用することができます。

 がん細胞にあるPD-L1とは免疫細胞に発現しているPD-1と結合する分子であり、PD-L1が強く発現している患者さんほど、オプジーボやキイトルーダが効きやすいといわれています。PD-L1の発現を調べるためには、気管支鏡などで肺がんの組織を採らなければなりません。

 オプジーボが化学療法の効かなくなった患者さんに対する2次治療以降でしか使えないのに対して、キイトルーダはPD-L1が50%以上の細胞で発現している患者さんに限っては化学療法の前に1次治療として使用することができます。キイトルーダが1次治療で使える患者さんは非小細胞肺がんの約30%といわれていますが、この患者さんに限ると化学療法で治療するよりも、最初からキイトルーダで治療した方が明らかに患者さんの寿命が長いことが示されています。

 オプジーボとキイトルーダの違いを表にまとめました。両者では使用できる患者さんの違いに加え、投与量の決め方、投与間隔が異なります。オプジーボの薬価は17年2月から、それまでの半額になりましたが、それでも年間1000万円以上かかります。体重あたりで投与量を決めるオプジーボより投与量が200ミリグラムに固定されているキイトルーダの方が、体重が重い患者さんには経済的ではあります。

 ◆PD-1、PD-L1 免疫細胞にあるPD-1という物質と、がん細胞にあるPD-L1という物質が結合すると免疫機能にブレーキがかかる。免疫機能のブレーキを解除しがん細胞への攻撃を高める抗体薬が注目されている。

 ◆大江裕一郎(おおえ・ゆういちろう)1959年(昭34)12月28日生まれ、東京都出身。57歳。東京慈恵会医科大学卒。89年から国立がんセンター病院に勤務。




【役立つ医療情報】オプジーボの光と影 その② 増幅される医療不信〈特別編3〉:第3回「ロハス・メディカル」セレクト版



スリッポンの格安通販
なまはげの激安ホテル・旅館
扇風機 タワーの通販在庫
uvライトの通販比較口コミ
レディースサンダル 歩きやすい通販徹底比較
知床国立公園のホテル・旅館人気ランキング
Wow Cupの最新通販情報。
甘酒 米麹のお買い得情報
池田町のホテル・旅館
水の国のホテル・旅館濃い情報
置物 オブジェ アンティークって通販で買えるの知ってます?
土門拳記念館のホテル・旅館人気ランキング
足尾銅山のホテル・旅館レビュー
防草シート 50cmの通販比較口コミ
宇和島市立伊達博物館のホテル・旅館口コミ情報
日焼け止め サプリ通販大特集